故郷の相続相談問題

家社会人となって実家を遠く離れた土地で、ご自身の家庭を築かれ、一方で時の流れにjは逆らえず、故郷のご両親は年々齢を重ねて行かれる、そんなご家族は全国各地に数え切れません。実家に顔を出せるのは年に限られた日数のみ、そして限られた時間を家族団欒で過ごすとなれば、敢えて相続などの深刻な問題を言葉にし辛くいのみならず、意識が及ばずして当然でしょう。何より経済的にも各々が独立している中、実家の資産状況が果たしてどうなのか、相続に関してどのような対応が必要で、どんな展開が想定されるのかなど、家族の誰もが把握していない状況は珍しくありません。

こうした状態のまま相続問題が発生してしまうと、当事者は果たして何から着手して、どのような対応が求められるのかすら見当もつかず、途方に暮れた状態で時間を見送ってしまい兼ねません。何よりこうした問題は放置すればそれだけ、後々の適切な対応が難しくなる傾向が見過ごせません。ですが遠く離れた故郷の実家の相続相談となれば、雲を掴むような作業と思えてならず、初動にすら窮してしまっても致し方ありません。

ここでは多くの方々が、実は該当者である事実を見過ごしがちの、遠く離れたご実家の相続相談の重要性と、こうした環境に潜むリスクを検証する作業を進めてまいります。同時に税理士の存在の力強さ、相談する重要性とそのメリットなど、早い段階から踏まえておくべき関連知識をご紹介します。その日が訪れる前に、十分な正しい予備知識を確かめ、然るべき相談相手となる税理士を確保いただく上で、少しでもお役立ていただければ幸いです。